HOME > クロスエッジ®微細加工について

製品情報

  • 製品カテゴリから探す
  • 市場から探す
  • 目的から探す
  • 微細加工技術から探す
クロスエッジ®微細加工について

クロスエッジ®微細加工について

クロスエッジ®微細加工とは1つの製品の製造の中で異なる2つ以上の加工を組み合わせるもので、最先端技術をクロスさせるという意味です。“切る”、“削る”、“磨く”、“メタライズ”、“接合”の5つの加工技術が中心となっています。

クロスエッジ®微細加工の特長として、複数工程を当社1社が行うことにより次の4つのメリットをお客様に提供することが可能です。

 
  • ① 安定した品質を維持。
  • ② 短納期での加工を実現。
  • ③ コストパフォーマンスの良いサービスを提供。
  • ④ 複数工程を組み合わせ独創的なモノを開発することで、お客様の課題を解決。

たとえば以下のように、金属製品、およびガラス製品ではそれぞれ複数のクロスエッジ®微細加工で加工を行うことにより、お客様のご要望にマッチした製品を提供しています。

 
 
金属加工の要素技術
 
金属加工の要素技術
 
バリレスシャープエッジ加工
バリを最大5μmに抑制しLDとの組立性を向上
バリレスシャープエッジ加工 詳細へ
 
スパッタ
 PVDによるTi, Pt, Au, Ni等のスパッタが可能
スパッタ 詳細へ
 
蒸着
AuSnはんだの真空蒸着により、LDとの接合性を向上
蒸着 詳細へ
 
めっき
AuSnはんだの部分めっき、および平面、
凹凸面へのめっき形成が可能
めっき 詳細へ
 
Cu-Mo-Cu一括形成技術
1.6mm厚にCuとMoの7層構造を形成
Cu-Mo-Cu一括形成技術 詳細へ
 
高平坦性加工
反りを最大5μmに抑制し、LDとの組立性を向上
 
ガラス加工の要素技術
 
ガラス加工の要素技術
 
チッピングレス
チッピングを最大10μmに抑制し、デバイスウェーハとの接合性を向上
チッピングレス 詳細へ
 
特殊ポリッシュ
穴周辺部のダレを抑制し、接合性を向上
特殊ポリッシュ 詳細へ
 
小径穴加工
最小φ0.05mmを実現
小径穴加工 詳細へ
 
スパッタ
PVDによるTi, Pt, Au, Ni等のスパッタが可能
スパッタ 詳細へ
 
めっき

 AuSnはんだの部分めっき、および平面、

凹凸面へのめっき形成が可能

めっき 詳細へ
 
 
 
 
 
 
製品に関するお問い合わせはこちらから